FC2ブログ
カーオーディオショップ  アークライド MAIHAMA SOUND MACHINE (`・ω・´ )
プロフィール

アークライド

Author:アークライド
住  所 千葉県浦安市富士見5-21-21
電話番号 047-314-8310
ホームページ http://arkride.web.fc2.com/
eメール  arkride1@gmail.com
定休日  毎週月曜日
※月曜祝日の場合は
      翌火曜日
営業時間 12:00~20:00




カーAVの専門店です
色々ご相談ください よろしくお願いいたします


2013/08/09からの 閲覧数です♪


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


ブログランキング


ページランキング


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


QRコード

QR


カーオーディオ専門店 アークライド

アークライド ARKRIDE カーオーディオ KICKER 施工 キッカー スピーカー レヴォーグ アンプ サブウーファー 作業 イベント ワンオフ audison 取材 オーディソン Sinfoni ピラー埋め込み スープラ トヨタ アウターバッフル Quartorigo マイカーライフ カスタム スーパーハイエンド HELIX カロッツェリア マークX デッドニング オフ会 スバル 大黒茶会 BLAM ブラム Rockford オデッセイ 新製品 試聴動画 DIATONE ロックフォード JCR JLaudio ダイアトーン 制振 FOCAL BMW サイ SAI JLオーディオ エキシージ C7 ツイーター プロセッサー DSP DS-G500 ホンダ 天井デッドニング バッテリー デモカー シボレー サウンドセッティング カマロ ラゲッジ 車内空間の魔術師 パワードサブウーファー CR-V シトロエン MINIクロスオーバー ルーフデッドニング ボルトメーター キネティック インスタ E90 動画 レアルシルト StP センターコンソール カーオーディオマガジン ホイールハウス ホイールハウスデッドニング アウトバック フロアデッドニング モンスターケーブル ピラー加工 P400X4 Utopia LOTUS ロータス ドアデッドニング ヴェルファイア kinetik 3Way バランス ステレオ L7T ディナウディオ DYNAUDIO 周波数 クロスオーバー トランク グラウンドゼロ GL6 GL1 GRAPHIC YOUTUBE テーゼス ハリアー THESIS スロープ コロナウィルス 130系 高級機 マークX AUDIOWAVE Micro-Precision カーシアター Z-Studio カムリ ローライダー GrandZero グランドゼロ 緊急事態宣言 Nve-03 ヴァーチャルアース インパラ 仮想アース ブラックス BRAX イースセミナー Blu-ray ソニー カタログ サウンドナビNR-MZ300PREMI 加工 8インチ SONY D:5 スコーカー フォーカル DSPPRO ドライブインシアター ハイエース デリカ AVカンサイ ランクル シグナス ラパン StP X6 HE21S セミナー Citroën DS3 ヘッドユニット ムーブラテ スタンスマガジン FUGA ツイーター埋め込み 表紙 RX-7 ムーブ イースサウンドファナティクス ヘリックス 


9月12日(土)~14日(月) まで お休みさせて頂きます  ゴメンネ
浦安のアークライドで ございます ヽ(・∀・) 


さて ようやくブログ再開したと思ったら なんか忙しくて更新が出来ない......... (ノД`) オウフ

いや 厳密に言えばブログを書く時間はあったのかもですよ


だけど  だけど  作業のことで頭いっぱいで手が着かないw (;´Д`)ノ スマヌ

CAMQSSKX.jpg
カムリのアウターバッフル化って メチャクチャ難しいんですが...

もちろん手段を選ばないデザインならなんとかなると思いますが なにせ ほら
ウチ アークライドですから  基本純正のラインを活かした造りにしたいじゃ無いですか (・ω・;)  ウーン

その他にも色々やることがあるんですが  そんな中!  ブログのタイトル通り


9月12日(土)~14日(月) まで お休みさせて頂きます <(_ _)> ゴメンネ

あと5人とは申しません    ヽ(・∀・)ヽ(・∀・)ヽ(・∀・)ヽ(・∀・)ヽ(・∀・) ヨンダー

あともう一人自分がいれば と思い続けて25年www


仕事しているウチは永遠に思い続けるんだろうな~ (´Д`*) アリガタイハナシデアリマス




途中になってる 「★スーパーハイエンドオーディオ  マークX(H)  製作記★」 の続きも書きたい …φ(:3」∠)_










浦安のアークライドでした!
ではまた♪   (`・∀・´)v ピース!











--------------------------------------------------------------
アークライド
住  所 千葉県浦安市富士見5-21-21
電話番号 047-314-8310   eメール  arkride1@gmail.com
営業時間 12:00~20:00
定休日  毎週月曜日
--------------------------------------------------------------


 ここを ↓ ポポポポチッ/(´・ω・` ) と その下の拍手も ポッチィ~/(´・ω・` )で とても励みになります 

 
車カスタム ブログランキングへ      ヾ(*ゝω・*)ノ ヨロシクネッ♪



スポンサーサイト



【ドライブインシアターみたいな物を作ってみよう ヽ(・∀・)】 アークライド カーシアターw
あら ブログ復活したら 拍手が二桁台に Σ(゚□゚*)

過去の閲覧数チェックしたら 4~50人の方が毎日チェックしてくれていたようで 本当にありがとうございます (ノД`)


嬉しいですね~♪ ヽ(・∀・) アリガトネー♪


と言う事で 今後はちょっとマメにブログアップしたいなと心に思うボクでありました ハイ


なんか 台風の影響かだいぶ秋っぽく涼しい感じになって だいぶ快適になってきましたが
今度の台風はかなり強力との噂.....


今年の夏の酷暑といい 今度の台風といい 極端やっちゅうねん (゚Д゚)ノ ホドホドニシテヤー

と言うか真面目な話 今度の台風10号はホントにかなり強力との話ですので 台風のルートの方々は
ぜひご無事でいただけるよう祈っております <(_ _)>






数ヶ月ぶりにディズニーが打ち上げる花火の音がようやく聞こえて 少しずつ日常が戻ってきたと
ちょっとホッとしている そのディズニーの花火が見えるくらいの距離にある カーオーディオショップ

アークライド でございます! ヽ(・∀・)



さて しばらくブログもYOUTUBE動画もやってなかったので ちょいとリハビリを兼ねまして 本日は軽めのブログで





前回のブログでもちょこっと書きましたし タイトルで

「ドライブインシアターみたいな物を作ってみよう!」って

何言ってんの アータ  ( ・Д・)ノ


って感じですが  はい


いつもの思いつきで (と言うか前からやりたいなーとは密かに思ってました) 作りました


---「アークライド カー シアター」---  




ちょうど コロナ過でドライブインシアターが 復活してきたと言う話もありまして 

便乗するなら今年しか無い (゚Д゚)ノ ナイッ!  
(便乗しても何も得はありませんが)


昔 5.1chのカーオーディオが流行った時代がありまして その頃やってみたいなーと思っていましたが
クルマとスクリーンの映像をリンクさせるのが RCAケーブルを有線接続する形しかありませんでしたが
今なら ステレオに戻りましたし 無線はFMトランスミッターでは無く Bluetoothが使える!

と言う事で ある意味 今の方がドライブインシアターに向いているかも知れない (・ω・ )


等と色々考えているウチに  作ってしまえ! 

これもカーオーディオの可能性を広げるためだ! ヽ( ・∀・)ノ ソウダソウダ!


などと適当な言い訳で自分を奮い立たせて 作りましたよ 



---「アークライド カー シアター」---  




車1台でいっぱいいっぱい アークライドの狭い店内(作業ピット) そこの扉に

スクリーン
夕方の西日避けにしか使ってなかった
120インチの電動スクリーンを シアター化のために微調整して設置  ヽ(・∀・ )





そして作業時の照明設備見直しのために ピット上に新たに作ったやぐらにプロジェクター本体設置を計画


何度も照射テストを行った結果 一度作ったやぐら自体を再度見直して高さを変更したり 
120インチへの最適な投写を実現するためにプロジェクターの位置を何度も微調整することで多くの車輌にも対応した
カーシアター環境を実現
プロジェクター


この情熱は正しいのか自問自答w

作っちゃっているので考えても無駄です     

と言う事で

アークライド カーシアター 出来ましたwwww ヽ(゚∀゚ )ノ ケケケー


アークライド シアター
画像はAppleTVからのYOUTUBE画像です


ホームシアター同様 ホーム用AVアンプをHDMIセレクター代わりに使用することで 様々なソースに対応

Blu-rayプレーヤーやAppleTVはモチロン 各種メディアプレーヤー パソコン画像 スマホのミラーリング

そしてプレイステーションを繋いでクルマの中から グランツーリスモも出来ます (´∀`*)


YOUTUBEにもアップしました
動画で見ると Bluetoothでラパンのスピーカーからのみ音が出ているのがよくわかるかと思います ( 。・∀・。)  ♪~

どのような感じか良かったら見てくださいね



なかなか それっぽいでしょwww 


ラパンみたいな軽自動車だからいけると思うかも知れませんが かなり気合い入れてプロジェクター投写の角度計算を
行いましたので


カムリ シアター
国産フルサイズのカムリ(シャコタン)はモチロン


CR-V シアター
ドアを開けた画像しかないのでわかりにくいですが 比較的大きめなSUVである CR-Vでも スクリーンにクルマのボディー影が
出ることなく視聴可能です ( ・∀・)ノ




ここまで情熱を傾けて作りましたが 問題はこれで営業に結びつく事が無いという..... _(:3」∠)_



でも作ったら なんとなく面白かったので良しとします (・∀・) ハイ




今後もカーオーディオで出来そうなこと思いついたら試して紹介していきますね~












浦安のアークライドでした!
ではまた♪   (`・∀・´)v ピース!











--------------------------------------------------------------
アークライド
住  所 千葉県浦安市富士見5-21-21
電話番号 047-314-8310   eメール  arkride1@gmail.com
営業時間 12:00~20:00
定休日  毎週月曜日
--------------------------------------------------------------


テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

アークライド ブログ再開しますね~ ヽ(・∀・)
皆様

お久しぶりでございます  ヽ(・∀・) オゲンキデシタカ?


アークライドブログ スタートしてから 約2ヶ月も更新しなかったのは初めてのこと

お客様 関係者様からご連絡も頂きました

ご心配頂き本当にありがとうございます


ご連絡頂いた皆様には説明させて頂きましたが こういう時勢だからと言うことで 過度な自粛していたわけでは無く
「コロナウィルス」に罹ったわけではありません




実は7月に僕にとってとてもショックな出来事がありました (誰もが経験することですが)

そのため ちょっとブログを書くメンタルではなかったもので..... (´・ω・` )


ブログを更新してない間も お店は通常通り営業してまして 接客やご依頼頂いた作業に集中することで
だいぶ気持ちも楽になりました

ありがとうございます



と言うことで ブログ更新してない間 僕がオーディオを手がけさせていただきました
フルKICKERスープラが
st award supra
新潟のイベントで あのスタンスマガジンのAWARDをゲット!  ヽ(・∀・ )ノ



そしてカスタムイベント CROSS FIVE 大阪ではKICKERブースでデモカー展示  (゚∀゚ ) ビックリ!



どちらのイベントも僕は行けませんでしたが





また お店で取材もしていただきました ヽ(・∀・)

有名カーオーディオ専門サイトの取材
m取材1
BLAM Multix3way & audison アンプ&新型プロセッサー搭載 CR-V   ヽ(´∀`*)


m取材2
ノーマル風なのにメッチャ手が入ってる アークライドデモカー フルKICKER ラパン  ヽ(´ω` )



有名カーオーディオ専門誌の取材
c取材
audison THESISスピーカー & AP F8.9bit搭載 ハリアー  ヽ(´∀`*)




今年になってすすめていた 作業の合間のお店作りも着々と進み

その合間 

「コロナ過で再び見直されている ドライブインシアターも店内に作れないかな?」 (・ω・ ) ウーン


と言うことで 作って見ました!


アークライド ドライブイン シアター (1台専用w)


アークライド シアター
ピットの扉前に120インチの電動スクリーンを設置  音声は当初FMトランスミッターを試したのですが音質が良く無かったので
Bluetoothを使って車内のカーオーディオシステムで体感出来る様にしました  ヽ(・∀・ )

動画も収録しましたので近日アップしたいと思います


もちろん店内と言う狭い空間ですので HDMIやOptical入力 RCA入力を持つ車輌ならば有線接続で
高音質で映画が楽しめるという 夢のようなお馬鹿な空間を実現 ( ̄∇ ̄ )

プレステの接続も可能ですので グランツーリスモなどもやれてしまうと言うwwww



問題は商売としての活用方法がまるで見当たらない...... (=∀=;)



まあ いつものパターンですが 「思いついたので作って見たかっただけ」ですwwww



とりあえず 「2001年宇宙の旅」をクルマのフロントウインドー越しに見ると 宇宙空間で酔いそうになります ( ̄▽ ̄;)







という感じで だいぶメンタル回復してきましたので またブログを書いていきますので皆様よろしくお願いいたします



最後に


出来るときに親孝行はしましょう  

特にこの時期 コロナのせいで病院は厳戒態勢 誰もコロナに罹ってないのに親族ですらほとんど面会出来ないです




では 次回からまた再び通常通りのブログ再開しますね~ 


アークライド でした ヽ(・∀・)





【ツイーター ピラー埋め込み加工編】★スーパーハイエンドオーディオ  マークX(H)  製作記★   (  =_=)つ- \◎\
はい! (゚∀゚)/  本日は7月5日 

7月最初の日曜夜!   

最近ディズニー脇の国道357号がちょっと変わりましたんで また更にディズニー渋滞が解消されるんじゃ無いかとワクワクな


アークライドでございます    | ARKRIDE |∀゚)/ ハロー



さて連載企画であります  ★スーパーハイエンドオーディオ  マークX(H)  製作記★


今回から いよいよ室内側の製作をご紹介の第一弾

みんな大好き ピラーへのツイーター埋め込み♪ ヽ(・∀・)ノ


このピラーへのツイーター埋め込みに憧れてカーオーディオを始めた方も多いんじゃ無いかって位 
人気のカーオーディオカスタム

それが 「ピラーへのツイーター埋め込み」 (しつこいwww)


フロントウィンドーやダッシュボード上 メーターフードの膨らみによる反射を避け 障害物のない耳の高さに
指向性の高い高域の音源を持ってくる事でのピュアなストレートサウンドを得られる機能的恩恵もさることながら

ノーマルでは得ることの出来ない独特の造形美がドライビングポジションから一番目にするポイントにあることで
得られる満足感ったら こんちくしょー  (つ∀`)ノ クゥー


なにせカーオーディオユニットの中で一番目にする至極のカスタム   それが
ピラー埋め込みツイーター  (つ∀`)ノ クゥー (つ∀`)ノ クゥー


機能性と見た目の両立  まさに文武両道といっても良いでしょう♪  それが
ピラー埋め込みツイーター  (つ∀`)ノ クゥー (つ∀`)ノ クゥー (つ∀`)ノ クゥー



はいっ! しつこいですねwwww



最近はデジタル機器が進歩し 僕のセッティング能力も進歩したおかげで ちょっとやそっとのツイーターの角度の悪さは
調整環境がしっかりしていればかなり補えるようになりました


が!


やはりいくらセッティングを詰めても無理な物は無理だったりしますし
ゴチャゴチャとセッティングしまくるよりも 取付である程度の領域に持ち込んで セッティングは小さめに抑えるのが
基本中の基本であります

セッティングをせずに済むように 取付をしっかりやりたいところではありますが しっかりした取付は当然工賃がかかりますし
かといって取付ばかりでセッティングが出来る環境が無ければこれはこれで片手落ち


このパターンは話が長くなりますので ここでやめておきますが 何事もバランスが大事ですが それと同時に
しっかりと物事を理解した中身のある拘りも必要なんです (`・ω・´)b





さて 今回ピラーに埋め込み加工を行うツイーターは前回もちらっとご紹介させて頂きました
mpa02.jpg

mpa05.jpg
Micro-Precision Z-Studio Tweeter      美しいね~ (´∀`*)

400ccの単車が新車で購入出来るくらい高額な ドイツ製ツイーターです

なんで高額なのかはMicro-Precision Z-Studioシリーズについて深く調べていくと良くわかる事かと思います

このユニットを作ったトーマスホフマンは僕の中ではmad engineer認定しています
やっぱりドイツは怖い国です  (´Д`*) クレイジーマイスター


高額なツイーターですが ピラー埋め込みとなりますと 別に何千円のツイーター高額なツイーターだろうが
工賃も基本的に大きく変わることはないので やることも変わらないものです

最適な位置に性能を引き出す形でなおかつ見栄えも良く取り付けると言う姿勢は変わりません  (・ω・) ハイ



ツイーターの埋め込みには大きく分けて2種類希望をお伺いしてますが 一つは左右対称のシンメトリースタイル
もう一つはドライビングポジション完全狙いの左右非対称 アシンメトリースタイルです

今回はドライビングポジション狙いの左右非対称 アシンメトリースタイルで施工を行います



さて 作業開始! ヽ(・∀・)



amxprt01.jpg
今回はZ-Studio Tweeterの寸法に合わせた ツイーターのジグ  いわゆるダミーのツイーターを作成 ヽ(・∀・ )

仮合わせ用なのでやっつけ感満載w


Z-Studio Tweeter自体 重量もあり 何度も持ったり置いたりは避けたいのであえてダミーを製作しました
今回はこれを作ることで実物を合わせること無く 奥行を図れるようにしました

これにより ツイーター自体をよりピラーの奥にオフセットします (`・ω・´)



で位置合わせの画像は飛ばしてw


amxprt02.jpg
基礎部分の画像です   ピラーにダミーツイーターがはまってますね  ヽ(・∀・ )

何度も書いてますが 木の板を樽状に貼り合わせることで正確な寸法をはかり 強度を上げつつパテを減らし
軽量化も測っています



amxprt03.jpg
パテ成型を行い サフェーサーを  ( ・ω・)つ占<プシュー
して形状の確認

またパテを入れて削って サフェーサーを  ( ・ω・)つ占<プシュー
の繰り返し


amxprt04.jpg

amxprt05.jpg
そして仮合わせも行って確認  (*ФωФ) -------- \◎\


そうそう 位置合わせの画像を飛ばしたので書き忘れましたが 運転席側に向けているため左右の角度は異なりますが
ツイーターの高さはキッチリ合わせてあります



何度も確認して問題が無ければ いよいよMicro-Precision Z-Studio Tweeterを仮合わせして ネジ穴位置を出し
ツイーター埋め込み加工ピラーは完成


純正ピラーの生地に近い生地を貼って仕上げます 

ボンド ( ・ω・)つ占<プシュー        /(・ω・/)  ハリハリ


ツイーターもピラーに固定  (つ・ω・)つ- ◎


amxprt06.jpg

完成 ヽ( ・∀・)ノ

amxprt07.jpg
アップにすると 左右でどれだけ角度が違うのかよくわかりますね~♪

ちなみに いつもやること細かいアークライドでございます  ネジも一般的な+ネジなんて無粋な物使いません
トルクスネジを使用して更に見た目のレベルアップを図ってます


ユニットのイメージを左右する程 ネジの見た目はホントに大事です
 (`・ω・´)b


この手のネジ ボルトはあってもビスは中々無いんですよね~  僕はコレクターですから色々集めて持ってますw




装着画像
amxprt08.jpg
こっちみんなwwwww  って感じです




ちなみにツイーターの固定時に水平器を用いてキッチリ水平出しています

amxprt10.jpg

一番見える部分ですからね ツイーターのロゴやビス位置が曲がっていたらイヤですよね     (▽ω▽)ジーー ウン マッスグ♪


基本的にロゴやビス位置が曲がっていたらイヤなのは僕の性格ですので 同じように曲がったビス穴の位置が心配な方は
ぜひアークライドに作業をご依頼下さい

これ大事なポイントだと思うんだけどなぁ~

実車見ると意外とユニットの水平が出ていない車多いよね.... (´・ω・`) ア マガッテル......



amxprt09.jpg
やっぱり ビシッと真っ直ぐが気持ちいいよね~ (゚∀゚)ノ






mxmp03.jpg

次回はいよいよ 特殊な手法で製作したドア周りをご紹介しますね~ ヽ(´∀`*)









浦安のアークライドでした!
ではまた♪   (`・∀・´)v ピース!











--------------------------------------------------------------
アークライド
住  所 千葉県浦安市富士見5-21-21
電話番号 047-314-8310   eメール  arkride1@gmail.com
営業時間 12:00~20:00
定休日  毎週月曜日
--------------------------------------------------------------


 ここを ↓ ポポポポチッ/(´・ω・` ) と その下の拍手も ポッチィ~/(´・ω・` )で とても励みになります 

 
車カスタム ブログランキングへ      ヾ(*ゝω・*)ノ ヨロシクネッ♪



テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

【その2 配線&トランク製作編】★スーパーハイエンドオーディオ  マークX(H)  製作記★   /【□□□】\  d(´∀`*)ノ 


長かった自粛期間を経て再開した東京ディズニーリゾートからクルマで5分(かからない)のところにあります
カーオーディオ専門店 「アークライド」 でございます (゚∀゚≡゚∀゚)ノ


なんかね 近所と言うのもあってディズニーの園内にはもう長いこと入場して無いのですが こういう動画や
SNSでアップされた昨日の園内の動画を見ると思わず.....  (´;ω;`) トシダナァ~


世界はいろいろと大変な状況で 戻ってきた日常なのか 新たな時代かはわかりませんが 
今はこの日本最大のテーマパークの再始動を喜びたいと思います <(_ _)>


経済活動も感染予防も 頭で考え行動し 頑張りましょう  (`・ω・´)ノ




スーパーハイエンドオーディオ  マークX(H)の製作編 続きいきます!


前回は配線&トランク製作を途中までご紹介しましたので 今回はリア周りの完成部分をご紹介したいと思います
※リア周りファーストバージョン



前回最後にご紹介したのが
amxtr27.jpg
ここまでですね ( ・∀・)ノ


アンプラックに鏡を貼れば三面鏡って感じですね~


では続き行きます (゚Д゚)ノ


amxtr28.jpg
一気にトランク内のパネルを製作!壁面部分はひさしを除いて3分割 床面は変則2分割です ヽ(・∀・ )
見た目も大事ですが 何よりもメンテ性を重要視しています
また純正の内張り類は一切カットしてませんので ノーマルに戻すことも可能です

仕上げは純正内張り素材に近いカーペット仕上げですので両サイドは純正の内張りをこのまま使用します



角度を変えて見てみると.....
amxtr29.jpg
またアンプラックの枠もこの時点で作っています  ヽ(・∀・)

この枠はシンプルな額縁を意識して作ってます

イメージ的には絵を鑑賞するイメージでアンプを見ると言った感じで よくあるカスタムオーディオカーらしさを薄める作戦です


また放熱やメンテ性を考慮してあえてアクリルパネルは設ける予定無しですが 
トランクに積んだ荷物でアンプを傷つけない工夫もちゃんと考えてます  -(・∀・ )/

ひさし以外にカーペット貼って仮合わせしたら~  /(・ω・/)  === ( ・ω・)つI
amxtr30.jpg
まあ 純正風♪ (゚∀゚)



角度を変えて確認
amxtr31.jpg
額縁部分はアンティーク風のゴールド仕上げにしますので下地の黒塗装を施しています   ヽ(・∀・)

この額縁はあくまでも額縁イメージ 
額縁らしい立体感を出す為 フチの角部分に反射光が欲しいので 壁面に落とし込まずあえて数ミリだけ出っ張らせいます

またこの時点でアンプ前床部分のカバーも作成です




amxtr32.jpg
床面を外すとOGのパワーステーションでまとめられた 極太ケーブルにも関わらずなシンプルな電源部が登場  ヽ(・∀・ )




上記画像 左真ん中らへんを拡大

amxtr322.jpg
ちなみにグランド(アース)ケーブルは1/0ゲージでバッテリーに戻していますが 
もう一本メインフレームにも1/0ゲージで落としています (グランドターミナル接触面の塗装はキッチリ落としています)


システムにもよりますが 車輌ボディー自体のアースコントロールはとても重要で この施工は
過去の様々な検証に基づいて行ってます 
(仮想アースシステムにもつながる話です 長くなるので書きませんがw)




再び室内側です

amxtr33.jpg

セダンでのトランクサブウーファーでの大敵 リアトレイのビビり防止のために鉄板や樹脂類の制振処理を行ってます ヽ(・∀・ )
※画像以外のところもモチロン施工してます むしろそっちの方がビビりが大きいかも

amxtr36.jpg
そして防音処理 ( ・∀・)ノ


amxtr35.jpg
リアシート背もたれ裏 サブウーファー面のパネル作成  
そのままだとのっぺりしてしまうので 内装に合わせプレスライン的な物を入れて立体感を出します  ヽ(・∀・ )

画像はレザーを施工する表面一層目のパネルで 実際に組み上げるときは中間パネルとベースパネルを組み合わせる
3層構造になってます    (・ω・) ハイ



と言う事で 一層目のパネルにレザーを施工し 残りのパネルと組み合わせ仮固定~ (つ・ω・)つ

amxtr37.jpg

だいぶそれっぽくなってきました ( ・∀・)ノ


この画像 床面を見ていただくとリアシート背もたれ部の分割部分がわかると思います
助手席後ろ側の方がリアシート背もたれが大きい面積で倒れます

なので両席の背もたれを倒さなくとも助手席後ろ側の背もたれだけ倒すことで 
重低音の直接音をダイレクトに楽しめる様 サブウーファーとポートの位置を設定して設計を行っています  |・∀・)ノ ヤァ!



サブウーファーとポートの横 運転席後ろ側の四角い部分にはめるパネルです
amxtr38.jpg
これはレザーで仕上げたパネルを固定するビスを隠すためのパネルになります

スウェード素材に特殊印刷を行いましたのでかなり細かい文字までしっかりとプリントされています
この手法は恐らく当店オリジナル (試行錯誤して編み出しました)
このとき初めてやってみたのかな~と


ちなみにこのアンモナイトロゴは このマークXで装着されるMicro-Precisionのブランドロゴで
細かい文字は 創業者 トーマスホフマンのメッセージになります (・ω・)



amxtr39.jpg
再びバッテリー部  ほぼ完成状態です   ヽ(・∀・)

ちなみに装着されているバッテリーは 最強バッテリーの呼び名も高い Kinetic PROシリーズ HC1800です
ターミナル類は定番のオーディオテクニカね



再びトランクへ  (゚Д゚)ノ マタタビッ!

amxtr40.jpg
ひさし部分もカーペットで仕上げ 額縁風枠も ゴールドに真鍮&銅のカラーをミックスして ややアンティーク風仕上げ
アンプ前 床面もスウェード素材で仕上げ ほぼ完成状態   ヽ(・∀・ )ノ

ちなみにユニオンジャック部分は スウェード素材に塗装です





さて ここで最終検証!


オーナーからの至上命題!

「果たしてビールのケースはトランクに搭載出来るのか!」 ............................ ( ̄。 ̄;)





amxtr41.jpg
バッチリですわwwww  ( ̄∇ ̄)b エビス カカッテキナサイ♪


ミッションコンプリートwwwwwww  ミ☆⌒ヽ( ・∀・)ノ  ケケケー♪





ビール問題無事解決!




あとは ひさしの部分が寂しい





ので (゚Д゚)ノ ノデ!




アークライド お手製ワンオフ   「AUDIOWAVE ブラス(真鍮)プレート」  製作!   /(・ω・/) ウーン ムズカシイ.....



amxtr42.jpg

amxtr43.jpg
自分で作って言うのもなんですが  カッコイイ.....    (゚д゚ )

まさに今回のコンセプトにピッタリ

固定用リベットにも もちろん真鍮リベットを使用しました


ああ ここまで来ると 壁面もそれぽいレザーか ウッドにしたくなる....... (;´Д`) シカシニモツガ.....




ちなみに アークライド製作車輌共通ですが このトランク内のメンテ性は高いです  
パネルをひょいひょいと外すと  /(・ω・/)


amxtr47.jpg
サクッとこんな状態 ( ・∀・)ノ

ヒューズ交換もゲイン調整も ネジの増し締めもサクサク可能です


ちなみに 画像ではスペアタイヤ載ってませんが  この状態でスペアタイヤの脱着も可能です  (・ω・)b


オージーのパワーステーション アップ
amxtr44.jpg
銅ムクのバスバー たまりませんな  ( *´Д`*) カッコイイ~





再び室内 リアシート裏に戻ります  ヽ(・∀・ )ノ ウララー ウララ


さて Micro-Precision Z-Studio スピーカーはツイーター以外グリルネットがない  (´・ω・` ) ウーム


この手のスピーカーでグリルがないのはとっても不安!

不安がっても解決しない!


解決させるには........ (-ω- )



作るしか無いね! (゚Д゚)ノ ナイモノハツクルッ!


木で型を起こして アルミネットを板金板金    ■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ


amxtr48.jpg
クックックッ ( -∀-)ノ●


ちなみに網の形 色 艶感 は 当然 ツイーターの Z-Studio Tweeter に出来るだけ近づけるように製作しています

mpa02.jpg


バスレフポートを塗装し ウーファーと共に組み込んで  (つ・ω・)つ◎ 

amxtr45.jpg
リアシート背もたれ裏 サブウーファー部 完成  ヽ(´∀`*)ノ

ちなみにバスレフポート部のゴールドは トランク内のゴールドでは無く このマークX限定車の室内に使われている
ピンクゴールドに合わせた色にしています


ちなみにイルミも仕込みましたので 夜スモールランプと連動して
amxtr46.jpg
大人な間接照明で演出 (*´∀`)




と言う事でトランク周りの製作をご紹介させていただきましたが マイカーライフで取材された状態と違うと....

そうなんです このクルマが出来上がったのは2018年でして 先ほど文中にも 「※リア周りファーストバージョン」と書きましたが
その通りで マイカーライフに掲載された状態は 「リア周りサードバージョン(途中)」 だったんです


まあまあ ワンオフネタ満載のマークXだったりしますんで また追々ご紹介させていただきます



次回は 「フロントスピーカー周り製作編」 をご紹介させていただきたいと思います   ○ヽ(゚∀゚)ノ゜  マタネー♪









浦安のアークライドでした!
ではまた♪   (`・∀・´)v ピース!











--------------------------------------------------------------
アークライド
住  所 千葉県浦安市富士見5-21-21
電話番号 047-314-8310   eメール  arkride1@gmail.com
営業時間 12:00~20:00
定休日  毎週月曜日
--------------------------------------------------------------


 ここを ↓ ポポポポチッ/(´・ω・` ) と その下の拍手も ポッチィ~/(´・ω・` )で とても励みになります 

 
車カスタム ブログランキングへ      ヾ(*ゝω・*)ノ ヨロシクネッ♪



テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク



ブログパーツ